読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せらちゃん自動車部(タイヤのつくもの全般)

なんでも屋せらちゃんの多趣味日記

マグナカスタム7

やっとこさ

作業開始からはや一年が経ちましたがその時に嵌めたタイヤが

やっと正常に取り付けことができました。

ホンダ ホーネット250のリヤを流用しているため

レーシーな雰囲気のタイヤが取り付いていました。

やはりアメリカンには似合いませんね。

よくYAMAHAのSRなどでリヤに車用のタイヤが嵌めている

のをよく見かけていた。

でも細身のタイヤで径も小さくタイヤの種類も豊富で

形状、トレッドの形状、レタリングの種類、など

選ぶことができました。

でも、今回は180/55/17とバイクではドデカいタイヤですが

車では幅が狭くなかなか無くて探すのに苦労しました。

以前車をカスタムしていたころによくAUTOWAY(オートウェイ)

いう通販タイヤショップで激安海外タイヤを入れておりました。

今回もここで適合するタイヤを見つけました。ほとんどの

タイヤがここで見つかるのでスタッドレス、ノーマル、

競技向けなどほとんど網羅している。

 

余談はさておき

ずっと工場の奥でウマに上げたまま一年が経ちましたが

そろそろビードを上げないといけないと思い、朝から

タイヤを外して車に積み込みました。

今日は何軒も回って絶対に上げてやる!と

意気込んでまず一軒めに行きました。

その店は前職の板金塗装をやっていたころ店に

出張タイヤ交換をお願いしていたところが近所に

ありジョギングで毎回通っている道にありここは

一軒目はここにしようと思っていました。

開店直後

朝開店と同時にほかのお客が来る前に作業をして

もらうためお店に出向き、お店の方に事情を説明し

ビードが上がるか試してもらいました。

バイクのホイールに車のタイヤを入れるなんて

やったことないとちょっと困惑気味でしたが

チャレンジしてくれました。

はじめはうまくいかず職人気質が出てきたのか

本気モードに突入!

タイヤチェンジャーにセットしてもう一度エアーを

爆入!するとバランスよくビードがフランジにあって

エアーの行き場がなくなりポコ!という音と共に

ビードが上がりエアーがタイヤに入っていくでは

ありませんか!

しかし!エアーが少なくなるとタイヤの形状がもとに

戻ろうとしビードが落ちる。

もう一度エアーを充填してムシを入れ漏れないように

するとビードを保ったまま保持してる。

でも、これで自然とエアーが漏れてあるところでビード

落ちる可能性があるということ。

これは危険、常にエアーの管理をして減らないように

しておかなければ・・・

 

とりあえず、悩ましいビードはひとまず完了としておきます。

今度は大型連休でどこまで仕上げれるかだな。

 

週末の為にブレーキホース、ブレーキスイッチ(ハンドル部)を

購入した。