せらちゃん自動車部(タイヤのつくもの全般)

なんでも屋せらちゃんの多趣味日記

ライブディオAF34前期タイヤ交換とCDI交換

久しぶりの更新

ですが、全くさわれていないマグナではなく、会社の人の通勤車だけどかなりの旧車である、ライブDioAF34前期です。

 

内容は前輪が風邪(タイヤにヒビが入ること)を引いてきたのと、ヤフオクでAF34の物として買ったCDIの交換です。

 

まずはタイヤ交換から

今時珍しいフロントドラムブレーキ♪


f:id:yuzuki-seraby:20171125150807j:image

ホイールシャフトを外しますがかなりの固着、メガネをかけてハンマーで叩きながら緩めていきます。


f:id:yuzuki-seraby:20171125151021j:image

ホイールシャフトが抜けたら後は外すだけ。
f:id:yuzuki-seraby:20171125150957j:image

タイヤレバーを使いクリクリして外していきます、マグナのリアタイヤよりは断然簡単に外れました。ちょっと傷つけてしまいましたが(≧▽≦)
f:id:yuzuki-seraby:20171125151040j:image

はめるときはビードワックスを塗ったらスルッと入っていってくれました♪

あとはコンプレッサーで空気を入れるとお決まりのポコッとビードがあがる音を聞いて空気圧を調整してはめ込みは完了♪
f:id:yuzuki-seraby:20171125152722j:image

 先程ちょっと傷つけてしまったところを隠すのにホイール全体を艶消し黒で塗装、これで足元も引き締まるでしょう!
f:id:yuzuki-seraby:20171125180409j:image

ドラムブレーキなので内側にかすがたまっていたので清掃して当たり面もペーパーでならします。
f:id:yuzuki-seraby:20171125180709j:image


f:id:yuzuki-seraby:20171125181401j:image
f:id:yuzuki-seraby:20171125181442j:image
シャフトにグリスアップして組み込みです。

しっかり締め込み足元は完了♪

 

次は面倒くさいCDIです、最初あまりライブディオのことを知らずヤフオクCDIを買ったら後期ようだったので初めはあきらめていたけどネットで調べると前期、中期、後期があることが判明し配線も入れ替えだけでなんとかいけそうな感じ。
f:id:yuzuki-seraby:20171125190529j:image

フロントカバーを外したら埃だらけで止めているゴムもよく分からないものが浮き出ててお見せできない状態だったのでゴシゴシ洗って見れる状態に♪でも汚い>_<
f:id:yuzuki-seraby:20171125192012j:image

たまたま見た同じ前期で同じCDIを配線変換で付けている海外?日本語ではないサイトで見つけ写真を頼りに配線を入れ替え仮配線
f:id:yuzuki-seraby:20171125193240j:image

とりあえずフロントカバーもせずそのままで前の道路で実験

まずはエンジンがかかるか?→かかる

アイドリングは?→安定

走り出しまでのアクセルON→安定

低速から中速→通常

最高速→微妙に60kmのリミットを超えたような?超えないような?

ひと通り大丈夫だったので結線し直します。

純正をそのままでCDIのカプラーを解体し結線。

防水処理をしてCDIは熱と振動に弱いのでタイラップで固定、ちょっと浮かし気味で固定したので振動に強いでしょうね~
f:id:yuzuki-seraby:20171125195057j:image

フロントカバーを元に戻して完成

バイクを返却するときに最高速をチャレンジしてみたらリミッター解除はできていました、最高速はメーター読みで65kmですね。

 

そろそろマグナも走れるようにしたいなぁ、

ガソリンがキャブにいかないんだよなぁ、いっても爆発しないキャブのせいか?

迷宮入り( -_-)

マグナカスタム13

少しだけ作業してきました

前回の作業でタンクからキャブの方に燃料がいっていないことが判明して休みの間に純正の燃料コックを注文して取り寄せておきました。

昔は7000円ぐらいだった燃料コックも今となっては旧車というカテゴリーに入ってしまっているこのマグナのパーツは軽く3000円値上がりの10000円オーバーになっておりました。

旧車乗りはパーツを探すのも買うのも大変な労力と財力が必要となりますね。厳しい~


f:id:yuzuki-seraby:20170911232645j:image

品番16950-KCR-023 燃料コック定価10000円ぐらいだった。残りはブレーキキャリパーのバンジョーボルト部の漏れ止めワッシャーとタンクを留めるボルトです。


f:id:yuzuki-seraby:20170911233126j:image

新旧比較で明らかに大きさが違う、レバーの硬さも全然違う、ストレーナーはガソリンを吸って膨張しタンクに残ってしまったので無理やり引き抜きました。

安価品はダイヤフラムのバネが強すぎるのかインマニからとった負圧では燃料コックが開かずガソリンが流れてきませんでした。

ホースを外し口で吸うとガソリンが供給されていたのでやはりバネのせいでした。
f:id:yuzuki-seraby:20170912232706j:image
f:id:yuzuki-seraby:20170912233250j:image

負圧ホース、ガソリン供給の受けは純正が綺麗に作られています。

サイズは負圧が内径Φ4、ガソリン供給側が内径Φ8です。

取り付け

取り付けは簡単、はめてナットを回すだけ締めすぎはゴムパッキンを引きちぎってしまうのでお手柔らかに♪

 

で、ホースを繋ぎ、いざ!始動!

 

ガソリンがちゃんと供給されています!

 

やっと始動と思ったらまったく掛からず(゚◇゚)ガーン

 

何度かチャレンジしてもダメでした。供給側ではないとすれば、後はキャブ?

長年ほったらかしの状態だったのでジェット類の穴が塞がっているのかもしれません。

 

なので次はキャブの初オーバーホールをやりましょう。

 

キャブはミクニ製のTM40です。

マグナカスタム12

 少し空いた時間での作業

前回キャブの作業をしていたのですが、どうも爆発せずすぐ

バックファイヤーしてしまいました。

なのでひとつずつ怪しいところをつぶしていきます。

まず一つ目がプラグ

使っていたものはスプリットファイア製で電極が酸化していて

あまりいい状態ではなかったのですが一応火花は飛んでました。

でも原因を取り除くために新品に交換ちゃんとNGKにしておきました。

 

純正標準 NGK CR8EH9 (参考 U24FER9 日本電装

交換して火花確認してOKでしたので組み込んでエンジンスタート

 

してもかからずプラグではなかったようです。わかっていましたが

何度もエンジンスターター回していたもんでバッテリーが底をつき

掛からなくなりました。

それで急きょオクで中華製の充電器をゲットし充電。

しばらくするとまたかかるほどまで回復してました。いいかも

なにが原因?

多分キャブがちゃんと機能していないと思うのですが、とりあえず

無理やり爆発させようとパーツクリーナーを遠目から吹きエンジン

スタート!

何度かかかりそうで爆発していましたが一発で終わりしまいには

バックファイヤーしてキャブが吹っ飛んでしまいインテークから

抜けてしまいました。

つぎはキャブのフロート部を空けてガソリンがきているかを確認

スターターでクランキングしていると普通なら負圧で燃料コックが

開いてガソリンが供給されるはずが来ない。

原因を探るべく負圧のホースを口で吸ってやるとガソリンが

フィルター部に入ってきてます。

それは負圧の弁がちゃんと機能していないことが判明

安物の燃料コックを買ったばっかりに負圧弁を支えているばねの

テンションがきつくクランキングの負圧では弁が開かないので

ガソリンが来ないんだとわかり素直に純正をホンダに注文しに

行ってきました。

盆前でしたので休み明けに手配され翌週に入手できました。

値段は粗悪社外品に比べると3倍の値段、ほんとは2倍強だったのですが

旧車の為なのか値上がりしていて軽く3倍になっておりました。

仕方がないので購入

で休み明けに作業するつもりが今になってしまいました。

 

 早くこれに乗ってツーリングに行きたい!

ちょっと作業

今日は午前中友達の車の足まわりを交換するお手伝いをしながら自分のバイクの作業をしてきました。
今回の作業は
燃焼コックを粗悪な社外品から純正品に交換
ブレーキのバンジョーボルトワッシャーを純正品に交換
これで何とかキャブに燃焼はきましたがまだエンジンは掛かりません( -_-)
ブレーキもだいぶエアーは抜けたようでレバーは少し固くなりましたがまだエアーが噛んでいるみたいでフワフワ感が残ってる。

昼からはちょっと走ってきました、今日はTATTAの1DAYチャレンジの日なので一応チャレンジして10km+5kmを走ってきました。
久しぶりに走っていた頃のいいペースで走れました♪5kmはゆっくり流しました。
足の方もファイティンシールとローションを使ったからなのか昨日走ったからなのかはわかりませんが痛みもなく最後まで走れた♪ファイティンいいのかも( ´艸`) #作業
#車高調
#TATTA
#1DAYチャレンジ
#ファイティン
#マラソン
#バスケ
f:id:yuzuki-seraby:20170903192939j:image



f:id:yuzuki-seraby:20170903193014j:image



f:id:yuzuki-seraby:20170903193033j:image

 

マグナカスタム11

ダメダメなホーン

今回はどうしても許せなかったマルコ風ホーンの音色が

あまりにも笑えてしまうぐらい変で誰がこんな音を気に

いるんだろうと思った。

そのホーンを変える為ヤフオクで本物のマルコホーンを

探しました。もちろん格安で!

しばらく見ているとレガシィの純正で装備されているホーンが

マルコ製らしく価格も安く出品されていたのでギリギリまで

入札を待ち、と言っても繰り越し出品されていたので他の

入札はないと思ってましたが念のため。

入札金額で落札しその後ものが届いた。

比べてみると

マルコ風とは言ってるものの大きさも形状も違うんですけど!

そりゃあんな情けない音しか出ないわな~

音圧もこんなものかと思っていたのですが、本物のマルコを

取り付けると音もいい音が鳴るし音圧も三倍くらい大きかった

やっぱり本物は違いますね!

もと偽物の取り付け位置に本物をつけてもう一度音確認すると

やっぱりいい音でした。さすがLEXUSでも使われている

ホーンです。うちの車もマルコに変更しています。

これで気になることが一つ消えました。

後はフロントブレーキのバンジョーボルトがパフォーマンス

キャリパーに取り付かないアクシデントを何とかしないと。

とりあえず10㎜バンジョーに取付できるボルトを探さないと

 

掛かった!

 前回スタンドの配線をそのままにしていたからかスタート

させようとしていてもセルが回らず何が原因かわからなかった

けどひとつずつと思ってスタンド配線を短絡するとすぐに

掛かった(笑)

あとはガソリンを入れて火が入るか今度確認です。

でもガソリンをどうやって入手しようか?

携行缶をそのために買うのももったいないしな、タンクを

そのまま持って行って店員さんに入れてもらうか?

シグナスに満タン入れてしゅぽしゅぽで入れかえるか?

仮から正式に

 まえにナンバーステーを段ボールで仮作成していたものを

アルミ板を加工して作成、LED灯を入れる部分もコの字

アルミ棒を切り出してカバー作成

 

アルミ板を切り出し穴あけをして一応艶消しブラックで塗装

コの字の方も塗装してLEDをちょうどいい長さに切って

両面テープで取り付け点灯→OK

テールランプのステーも塗装してちょっと取り付けてみた

いいですね。

ブレーキ

今回はフロントのブレーキホースとブレーキオイルが

手に入ったのでホースの取り付けとオイルを注入して

ブレーキ周りを完成させる予定でした。

まずフロントのブレーキホースをキャリパー側から交換

していきました。

いきなり悲劇が!

バンジョーに銅ワッシャーを挟み込みキャリパーに

取り付けました。

が!

キャリパーにねじ込んでいくはずがバンジョーボルトを

回してもネジ山がかからず何回か回すと一山?0.5山?

微妙にかかったのでとりあえず締まっていると願い

一応ブレーキオイルを注入していきました。

やっぱりバンジョーボルト辺りから”ジョボジョボ”

漏れました・・・

パフォーマンスキャリパーのバンジョーボルトはM10

3/8のピッチのようでバンジョー自体も厚みがあると

挟み込めなくなるようでブレーキキャリパーを純正に

戻すかバンジョーボルトの首下長さがもう少し長いもを

探して交換するかを決めないと

フロントはホースの長さも1000㎜では少し長いので950㎜を

さがそうかな。また費用がかさむ・・・

気持ちを入れかえて

リヤのブレーキホースは前回フロントに使っていた1100㎜が

フロントでは長かったのでリアに回しました。

経路を考えればリアでは使えそうだったので仮付けしていました。

今回で本締めしてオイルを注入してリアぐらいは完成させようと

思いましたがそんな簡単にいくわけないですよね。

リアはホースからは漏れはなくオイルも注入できエア抜き

順調にいき終わると思っていたのですが・・・

事件はマスターシリンダーからリアキャリパーに向かう

ホースの繋ぎ口で起こってました。

今回リザーブタンクをシリンダーが取り付いている部分に

リザーブタンクのステー(1.5mm)を挟み込んで固定

していたがその1.5㎜のオフセットにより繋ぎ口の継ぎ目が

フレームとマスターシリンダーに挟まれてオイルが漏れて

きているではありませんか。

見栄えを重視してステーを見えない裏側に挟み込んでましたが

それがあだとなっていたので機能優先で表側の見える方に

挟み込みました。それだけでですが漏れは収まりました。

少しのことでこれだけ変わることを改めて勉強させられました。

 

リアのエア抜きでもちょっとした事件は起こってました

けどね(笑)

エア抜き用のニップルにワンウェイバルブがついている

ホースを取り付けてエア抜きをしていましたが途中

緩くなってきてオイルの勢いでホースが抜けてブレーキ

オイルがキャリパー、ホイールに飛び散りすぐに

拭き取ったものの一瞬で塗装が剥がれました。

もう一度部分塗装が必要です、艶消し黒なので簡単に

養生して塗装すれば元に戻るのであまり気にしてません。

一通りエア抜きも終わり蓋を締めブレーキテストを

してみましたがちゃんと掛かりました。

よかった、リアはなんとかいけそう、戻りが悪いのが

すこし不安ですが。

それと前にブレーキ圧力スイッチを取り付けていたので

テストをしてみました、バッテリーと接続しキーオン

そしてリアブレーキをかけるとちゃんとブレーキランプ

点灯しました。(何か問題でそうと思っていたのが

いがいといけちゃいました)

 

今回はこれで終了、?あ、この前ライセンスプレート

座を段ボールで作成していたものをアルミの板で加工し

といっても四角く切って穴を空けただけですが(笑)

とりあえず一歩前進かな

 

はやくエンジンがかかるか確かめないと!

 

ではまた不定期ですが宜しくお願いします。

 

ブレーキブリーダーボトル STRAIGHT/19-589 (STRAIGHT/ストレート)
価格:1980円(税込、送料別) (2017/6/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

AP 1WAYバルブ【工具 DIY】【アストロプロダクツ】
価格:594円(税込、送料別) (2017/6/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

マグナカスタム10

 久しぶりの作業

やはりなかなか時間が取れず日にちが空きましたが作業は

つづけますよ。

 

今回はここにテールランプを取り付ける為作業を行います。

ハーレーとかでよくカスタムされているにですがなかなか

小排気量のアメリカンでは取り入れられていない。

アメリカン自体希少な種類になりましたけどね。

丁度楽天で両端に配線されている赤のLEDテープを

格安で手に入れたのでそのLEDテープを半分にカットし

上下二段に重ねてポジションとブレーキを分けて点灯

できるようにした。

 

ステー

まずはステーを作るためにまっすぐのプレートでいけると

思っていたら結構なRがついていた。

意外と曲げないと綺麗に取りつかないのと、取り付いても

タイヤとの干渉が気になるのでできるだけRに添った形状

に加工が必要。

まずはLEDテープとフェンダーの幅を考慮してアルミ板

に罫書いていきます。ただの長方形ですが

罫書いたラインに添ってバンドソーでカット!

そのアルミ板を板金ハンマーではありませんが金づちで

打っていきフェンダーのRに添わせていきます。

 結構いい感じに沿ってきましたよね、フェンダー

ステーの間をLEDテープが二枚おけるよう間になにか

かさ上げできるシムを入れなくてはなりません。

いろいろ探していると透明のワッシャーが4枚転がってました!

丁度LEDテープの高さとばっちり!

そのまま取り付けてもいいけどボルトを入れてワッシャーを

入れてボルトを締めてをしてると必ずワッシャーがぽろっと

落ちたりしてイライラの原因なのでステーに貼り付けて

簡単に取り付けできるようにしました。

仮付け

ステーに取り付け穴を空けそれに合わせてフェンダー側にも

合わせて穴を空けたつもりでしたがいざ取り付けてボルトを

入れてみるとRがついている分穴位置が若干シフトして

しまいボルトが入らない。

穴位置を合わせるためにステー側を長穴に削りこんで

あわせました。

ステーにLEDテープを上下二段になるように取り付け

仮配線してみました。

キーオンの状態なのでLEDテープ一本が点灯している状態

 通常の状態でも結構明るいのでそのままでも使えそう。

外の太陽の光ではどうか試してみないといけませんがね。

こちらがブレーキONの状態、写真ではツブツブ感があるけど

実際は明るくしっかり視認できる感じなので問題ないでしょう。

フロントのブレーキはスイッチタイプのでオン、オフが確認

できるけどリアは純正の引っ張ってスイッチをオン、オフする

ものから圧力スイッチに変更したので今度ブレーキオイルを

いれて確認しないといけません。

 

ナンバー灯

時間もあったのでナンバー灯のLEDも作成ナンバーステーは

今度作成するので今回は段ボールで仮付け。

最近の法規変更で縦ナンバーが禁止になった。

そのため一応横ナンバーにもトランスフォームできるよう

考えてナンバー灯の位置も考えて配置。

ステーを回転させれば横置きにもできるように穴を

空けておこう。

 

 今度はオイル関係とクーラント、外装ができたらいいな。

 

ではまた。